目袋 クリーム おすすめ

涙袋は年齢とともに扱い方に違いがありますよね。

たとえば若いうちは目を大きく見せるためにメイクで上手に利用することができます。

雑誌やSNSでも涙袋をどう盛るかをテーマに記事が書かれることがあります。

しかし年齢を重ねていくとメリットであった涙袋に悩むケースも増えてきます。

涙袋の周囲はたるみが目立ちやすく「目袋」などと呼ばれ、実年齢よりも老けて見える原因になったりするため頭が痛い問題です。

そんな悩みの種である目袋のたるみを解消してくれるアイクリームがにわかに話題となっているのをご存知でしょうか?

このサイトでは涙袋に悩む女性に是非使ってもらいたいアイクリームを紹介しています。

また、複数のアイクリームと比較してどこが優れているかも解説していきます。

アイクリームは目袋にどう効くのか

目袋の周囲がたるんでくるのはもちろん老化が原因だと皆さんご存知だと思いますが、さらに詳しく説明すると問題は筋肉の減少や肌組織が劣化し潤いや弾力、ハリを維持できなくなっていることにあります。

筋肉の衰えはマッサージや顔の筋肉を動かすエクササイズで挽回することができます。

肌の潤いと弾力、ハリを維持するには、それに対する有効成分を持った美容アイテムで対処できます。

たるみ防止は乾燥への対処が重要

ある年齢以上になるとコラーゲンやエラスチンなどの肌の健康を維持する成分を作り出す機能が低下していき、若々しい肌は失われていきます。

コラーゲンやエラスチンは加齢と共に減少していくのですが、外部からの刺激で数を減らしてしまうことがあります。

紫外線の刺激で肌が乾燥するとコラーゲンが破壊されますし、エラスチンの性質を変える酵素も分泌量が増えますので結果として肌は劣化していきます。

まず肌が乾燥することが問題ですから、保湿成分が豊富に含まれたアイクリームを利用するようにしましょう。

代表的な保湿成分には次のものがあります。

化学的に合成または抽出されたものから自然由来のものまで多種多様にあります。

  • ヒアルロン酸
  • 環状リゾホスファチジン酸Na
  • スクワラン
  • 琥珀エキス(クジガンバロール)
  • 黒砂糖エキス
  • オリーブ果実油

など

紫外線対策をしっかりやってダメージを軽減

さきほど説明したとおり、紫外線の働きにより肌は乾燥します。

乾燥の根本原因とも言えるこの紫外線に対して有効な成分も忘れてはいけません。

  • ビュアビタミンC
  • プルーン分解物

など

目元の薄い肌にどう対処するか

目袋の周囲は残念ながら皮膚に厚みがありません。

そのためクリームや美容液を塗っても美容成分が留まりにくいのです。

せっかくの有効成分を無駄にしないためにも、成分を維持させる工夫がされたアイクリームを選ぶ必要があります。

次のような特徴や成分を持つアイクリームがよいでしょう。

  • ビタミンC誘導体はセラミドとあわせることで保湿力を高めることができる
  • 小微細なカプセルに有効成分が収められており、成分が少しずつ肌に提供される。さらに敏感な薄い目元の肌への刺激も軽減させる
  • 水分が肌から蒸発するのを防ぐ天然由来の成分が配合されている。

など

アイクリームの使い方

塗り方

アイクリームを使うタイミングは複数ありますが、たいがいは化粧水などを使い肌を整えた後に利用するか、メイクの最初か最後の仕上げに利用します。

もちろん順番がきっちり決まっているものあります。ビーグレンなどがそうで、専用のスキンケア製品とともに使う順番も「洗顔、化粧水、Cセラフ、アイクリーム」と指定されています。

アイクリームを目元に使う場合のポイントは「力を入れすぎないこと」です。目の周囲は特に皮膚が薄い場所ですから力を入れて擦り込むように塗ると皮膚にダメージを受けてしまいます。そっと当てて滑らすように塗りましょう。

塗りすぎた場合のデメリットはある?

乾燥肌での方でも使用できるアイクリームですが、肌によっては相性の問題が起きることがあります。

アレルギー対策として使用するまえにパッチテストをされるのをオススメします。

極度の乾燥肌やアレルギーのある方は念のため返金保証のあるものを選びましょう。

肌に特に問題が無いという方であれば、アイクリームを塗りすぎて肌トラブルになることは考えにくいです。

製品いよっては2度塗りを推奨しているアイクリームもありますから、節約して少なめに塗って効果が出ないよりは十分に塗るほうがいいでしょう。

長期間使用を続けても大丈夫?

販売されているアイクリームには定期購入を勧めるものも多くあります。

そういったアイクリームは長期間使用されることを考えて作られています。

肌のターンオーバーを考えるとどうしても2〜3ヶ月は継続して使用しないと肌の潤いやハリ艶に違いが出てきません。

ですからアイクリームを長期間続けて使用することは何も問題ありません、むしろそうすることでアイクリーム本来の機能を発揮することができます。

中学生の使用に問題は?

アイクリームに含まれる成分が10代の子供に重大な害を及ぼすことは考えにくいです。

しかし目に入った際にしみることがあり、使用の際に注意は必要でした。

ただ、アイクリームの機能が目元や目袋のたるみ対策であることを考えると対象は30代以上の女性ですから、中学生が使っても効果があるとは思えません。

候補だったアイクリーム リスト

リペアップ琥珀プラス

注目すべき美容成分である琥珀抽出のコハクエキスと環状リゾホスファチジン酸Naが配合されています。

コハクエキスの抗酸化作用は皮脂の劣化を防ぎ、植物由来の環状リゾホスファチジン酸Naは細胞の活動を促進することで細胞の分化を促します。いずれも特許を取得しており、信頼できる成分です。

すばらしい成分が含まれていても肌に吸収されなくては意味がありません。

有効成分をナノリポソーム化する技術を採用することで、肌にゆっくり有効成分を浸透させることに成功しました。

これにより皮膚の薄い目元や目袋においても潤いが長時間維持できるのが最大の特徴です。

客観的に製品の効果を確認するため化粧品機能評価法ガイドラインに従い第3者機関で特効能評価試験が行われているのも見逃せません。20人以上のモニターを募って、2週間の抗シワ試験を実施。その結果、ガイドラインで定める数値以上の効果があることが判明しました。

返金保証システムも完備していますし、確かな効果を実感してみたいという方にオススメのアイクリームです。

ビーグレン目元ケアトライアルセット

妻を愛する薬学博士が妻を想って作ったと言われているアイクリームがビーグレンです。

また、効能評価試験の結果が医療専門誌に取り上げられるという実績もあります。

試す場合は、1週間分のトライアルセットを1,800円で利用できます。このセットは目元のケアに焦点が絞られています。

1年間の返金保証もついていますから、使ってみて合わなかった場合でも安心ですね。リスクなく試すことができます。

オススメの試し方は、セットを全て使ったケースと、トータルリペアアイセラムだけを使ったケース、どちらが自分に合っているかを比べることです。

メモリッチ

メモリッチの最大のウリは独自配合した成分のアイキシルです。

水分が逃げるのを防ぐため、セラミドに特殊な処置を施しました。

皮膚が薄い目元のケアには保湿力の高いクリームは欠かせません。

メモリッチは効果がありそうです。

アテニア

目の下の老廃物を取り除くことを目標として製作されたアイクリームがアテニアです。

目袋にピンポイントで効くというわけではないものの、取り扱う問題対象として含まれているのは間違いないでしょう。

ミューノアージュ

目の周囲に効かせたい成分を多く含むアイクリーム。

アセチルヘキサペプチド-8は目元には欠かせない成分です。

アセチルテトラペプチド-5が目元の弾力やハリに。

目元の若々しさを支える決め手として使いたい製品です。

TREE

目元だけでなく、まつ毛にも活力を届ける守備範囲の広い美容液です。

公式で「目元とまつ毛のご褒美」とうたっているだけあって、これひとつで目元の潤い維持とまつ毛の成長を目標にできるようです。

アイキララ /北の快適工房

信頼して利用してもらえるよう、効能評価試験で実績をだしているアイキララ。

自分で試す前に第3者が効果を確認してもらえるというのはありがたいです。

コラーゲンの働きを助けるMGAと呼ばれるビタミンC誘導体が主な有効成分となります。

B.A ザ アイクリーム/ポーラ

若々しい肌が持つハリとボリュームのある目元を目標として開発されたアイクリームです。

ポーラオリジナル成分と、B.Aの「ジェネシスバイオアクティブ理論」と「アイコアフォーミング理論」を組み合わせて目標の達成を目指せます。